積水ハウス~ビエナ~

今回のチェックポイント

  • 東京ではなかなか庭付きの戸建てを作れないことから、屋上の空いているスペースに軒を付けることにより、緑のある空間を設け、ご家族や友人関係のみなさん集まれる居心地のいいスペースをご提案しています。
  • 主寝室は、落ち着いて眠れるよう、あえて天井を下げて低くしています。奥のウォークインクローゼットは、一般的な閉鎖空間ではなく、主寝室からあえて見せるウォークインクローゼットになっています。「今日は何を着ていこうかしら・・・」といったウインドゥショッピングのように身支度ができるようになっています。
  • 2階の南側には一切窓がありません!ですが、日中の室内は明るいです。なぜ一番日の当たる南側に窓を設けなかったのか、それは東京では隣近所が密接していて、北側や西側しか窓が設けられないといった住宅事情があるのですが、窓を設けられる方向に鉄骨ならではの窓を大きくとることができ、広々とした室内で自然光をたっぷりと取り込めるご提案ができます。
  • 和室も落ち着いた雰囲気を出すために、天井は低めにご提案していますが、天井は桐を使用しています。奥には収納スペースがあり、一般的な押入れではなく、リビングで使用するものや隠しておきたい掃除道具などを収納できるスペースとなっています。

※2018年に動画撮影したものをもとに記事にしております。情報が古くなることもございますので、予めご了承ください。

まだまだ、ご紹介したいところがたくさんあるのですが、伝えきれませんでした!
この続きはぜひご自身で「見てキテ!」ください。

「私もこのモデルハウスを見てキタ!」という方の、コメントを募集しています。

このモデルハウスを見てキタ!コメント募集中|コメントする|

クチコミを書き込む際には、当サイトの「クチコミガイドライン」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です